初めてのカードローンをサポートします

当サイト(カードローンまるわかり)について

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを利用したいと思っているけど、初めてだから疑問に思うことがたくさんある・・・当サイト(カードローンまるわかり)は、そんな方の疑問を解決するためにあります。初めてカードローンを利用する方が、安心して利用できるように、申込、審査、返済方法までの一連の流れについて、わかりやすく解説をしています。

また、カードローンを利用する上で多くの方が気になっていること(職場への在籍確認や返済が遅れた場合の取り立てなど)についても触れていますので、それらも合わせてクリアにしてきましょう。

カードローンとは?


カードローンとは、金融機関(銀行、大手消費者金融)から発行されたローンカード(キャッシングカードとも言います)を利用して、ATMから利用限度額内でお金の借入、返済がいつでもできるキャッシングサービスのことです。

キャッシングとカードローンに明確な区別はありませんが、銀行や大手消費者金融などのカード発行型のキャッシングサービスのことを、一般的にカードローンと言います。

どうやって申し込む?


カードローンは、インターネット、電話、店舗(銀行の窓口や消費者金融の店舗)、ローン契約機で申込ができますが、インターネットから申込を行うのが一般的です。カードローン各社のWEBにアクセスし、必要事項を入力して送信をすればOKです。

※消費者金融の場合は、借り入れ希望額が50万円を超える場合、又は全ての消費者金融を合算しての借り入れ額が100万円を超える場合は、貸金業法の規定で収入証明書の提出が必要になります。

銀行は貸金業者ではありませんの、法律上は収入証明書の提出は必要ありませんが、借入希望額が大きい場合(金額は銀行次第だが100万円以上、又は300万円以上のケースが多い)は収入証明書の提出を求めれることがあります。

どうやって審査される?


カードローンの審査基準は各社によって異なりますが、審査で一番のポイントとなるのが、安定収入があるか否かです。安定収入の定義もカードローン各社によって異なりますが、基本的に雇用形態(社員、派遣社員、アルバイト)を問わず、週5日フルタイムで働いている方なら、安定収入があると判断されるみたいです。

また、申込み時に申告のあった勤務先でちゃんと働いているかを確認するため、電話による在籍確認が行われます。

お金の引き出しと返済方法について


カードローンの審査に通過すると、ローンカードを発行してもらえます。そのローンカードを利用して、銀行のATMや全国にあるコンビニの提携ATMからいつでも利用限度額内でお金の引き出しと返済ができます。銀行振込や口座振替でもお金の返済はできます。返済方法はカードローン各社によって若干異なるので、事前によく確認をしておきましょう。


カードローンの申込〜返済までの一連の流れは、ざっくりとですがこんな感じです。

スポンサーリンク


カードローンの気になるあれこれ


カードローンを利用する上で、多くの方が気になっていることについて解説をしていきたいと思います。

カードローンを利用したことが家族にばれない?


カードローンの利用が家族にばれることはありません。申込み後に発行されるローンカードは、自宅に郵送されると困る場合はローン契約機から受け取ることができますし、利用明細についても申込み時にWEB明細を選択すれば、自宅に郵送されてくることはありません(カードローンによってはそもそも明細を発行しません)。

また、借りたお金の返済が遅れても家族に連絡がいくようなことは絶対にありませんので、カードローンを利用したことが家族にばれることはありません。

職場への在籍確認の電話は必ずある?


原則として、カードローン会社から職場への在籍確認の電話はあります。ただ、カードローンの在籍確認の電話だと職場の人にばれることはありません。個人名で電話をかけてくれたり、保険外交員やクライアントを装って電話をしてくれるからです。

どんな感じで電話をしてもらうか?についても、カードローン会社の社員によく相談をして決めることができます。最近では親、兄弟の名前で電話をかけてもらう方が多いみたいです。

尚、どうしても職場に電話をされると困る場合は、健康保険証や直近の給与明細、社員証など、会社への在籍が確認できる書類の提出をすることで、職場への電話を免除してもらえるケースもあるみたいですが、カードローン各社によって対応は異なります。

借りたお金の返済が遅れるとどうなる?


借りたお金の返済が1日でも遅れると、遅延損害金が発生します。遅延損害金は、利息とは別に支払わなければいけないペナルティ金になるので、返済の負担が増えてしまいます。また、返済が遅れると、それが事故情報として信用情報機関に登録されます。

カードローンの審査では、必ず個人の信用情報をチェックされますので、何度も滞納を続けると、新たな借り入れができなくなってしまいます。この状態が俗に言う「カードローンのブラック」と言われれる状態です。

怖い目にあうこともある?


借りたお金の返済が遅れても、怖い目にあうことはありません。カードローン各社の取り立てはとても事務的に行われます。まず、返済が遅れると電話がかかってきます。それでも返済をしないと、自宅にハガキを送られたり、場合によってはカードローン会社の社員が訪ねて来ることもありますが、大きな声で怒鳴られたり、脅されたりするようなことは決してありません。

PS.お金を借りるならも参照のこと

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加