生活費を工面するためのカードローンの利用について

生活費を工面するためにカードローンは利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活費を工面するためにカードローンからお金を借りることもできますが、審査の段階で借りたお金の利用用途を聞かれた場合に、正直に「生活費の工面のため」と答えてしまうと、審査で落とされてしまう可能性があります。

「生活費の工面もできない人が借りたお金を返せるわけがない」という道理が成り立ってしまうからです。

審査では安定収入があるかどうかを一番に見られる


カードローンの審査では、職業や雇用形態、年収などを総合的に見られますが、カードローン会社が一番審査で重要視しているのは、「安定収入があるか否か」です。

定期収入がある人でも、審査時に利用用途を聞かれた場合に「生活費の工面のため」と答えてしまったら、「安定収入がないのでは?」とカードローン会社に判断されてしまう可能性があります。

なぜなら、「安定収入があれば生活には困らないだろう」というのが、一般的な解釈だからです。

また、「生活費の工面ができない人にお金を貸しても返せないのでは?」とも解釈されかねません。そういう意味では、借りたお金の利用用途は、審査を通過させるための重要なポイントと言えます。

利用用途を聞かれたら何て答えればいい?


カードローンは別名フリーローン(自由ローン)とも呼ばれており、基本的に借りたお金の利用用途は自由です。そのため、カードローン会社によっては審査時に利用用途を聞かれないこともあるのですが、聞かれた場合は何かしら答えなければいけません。

その場合の答えとして、「ブランドバッグやピアノ、バイクを購入するためのお金です」と答えるのが無難です。利用用途が趣味のためのお金であれば、生活に困っているとは思われませんし、十分な返済能力があると判断される可能性が高いでしょう。

尚、趣味のためのお金と言っても、パチンコやパチスロなどのギャンブルが利用用途だと、審査で落とされてしまうのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加