カードローンで借りたお金のパチンコでの利用について

カードローンで借りたお金をパチンコで利用するのはあり?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンは利用用途の自由なフリーローンのため、本来は借りたお金をパチンコで利用するのもありです。

ただし、審査のタイミングで、利用用途を聞かれた時(聞かれないことの方が多い)にパチンコと言ってしまうと、審査で落とされてしまう可能性があるので、注意が必要です。

利用用途を聞かれた場合の無難な答え


カードローンに申込みをすると、最初に本人確認の電話がかかってきますが、その際に借りたお金の利用用途を聞かれることがあります。

その際に「パチンコのためのお金です」と答えると、当然審査で落とされてしまうわけですが、無難な理由はバイクやパソコンの購入費や海外旅行などがよいでしょう。

娯楽(趣味のために使うお金)が理由だと審査で落とされてしまうのでは?と勘違いをされている方も多いのですが、娯楽を楽しむためにはお金が必要ですし、そのためにカードローンなどのキャッシングサービスは世の中に存在しているのです。ギャンブル以外の娯楽が利用用途であれば、それを理由に審査で落とされることはまずありません。

カードローンの利用実態


現在、カードローンからお金を借りている人は非常に多いですが、その中でもパチンコやパチスロなどのギャンブルのためにお金を借りている人の割合はかなり多いと言われています。ですが、ギャンブルのための借金は賢い選択とは言えません。

なぜなら、借金をしないとギャンブルができないということは、現時点で勝てていないからです。現時点で勝てていないのに、借金をしてまでギャンブルを続けても、損をする可能性のが方が高いというのは言うまでもありません。

ギャンブルのためにカードローンの利用を検討している方は、今一度カードローンを利用すべきか否かについて、よく考えてから決断をしたほうがよいでしょう。返せるあてもないのに借金をしても、金利はどんどん膨らみ、自分の首を絞めるだけです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加