カードローンで年収以上のお金を借りることについて

カードローンで年収以上のお金を借りることはできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを利用して、年収以上のお金を借りたい、という方も中にはいらっしゃると思いますが、カードローンで年収以上のお金を借りるのはかなり難しいです。

ただ、人によっては年収の7割近くのお金を借りることができるみたいです。尚、年収の3分の1を超える金額を借りる場合は、総量規制の対象にならない銀行カードローンを利用する必要があります。

消費者金融カードローンと総量規制


カードローンは大きく分けると、消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つがあります。しかし、消費者金融は貸金業者のため、貸金業法の総量規制の対象になります。

具体的には、全ての消費者金融の借入額を合算して、年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。つまり、消費者金融カードローンでは、法律の規制でそもそも年収以上のお金を借りることはできないのです。

銀行カードローンは総量規制の対象外


銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の適用を受けません。そのため、総量規制がありません。法律上は銀行カードローンに貸付上限額はないのですが、それでも年収以上のお金を借りるのは、ほぼ不可能と言われています。

人によっては、銀行カードローンで年収の7割近くまでお金を借りられるケースもあるみたいですが、その辺りが銀行カードローンの貸付限度額と言われています。尚、すべての人が銀行カードローンで年収の7割近くのお金を借りれるというわけでありません。審査で”返済能力が高い”と判断されなければ、大口の融資を受けることはできません。

複数社に申込みをすることもできる


カードローンに申込みをして、1社では希望額の満額を借りることができなかった場合は、他社に申込みをすることで、別途融資枠を設けてもらうこともできます。

ただし、カードローンの利用状況は個人信用情報機関にすべて登録されているので、他社に申込みをすると必ずデータをチェックされます。そのため、他社の借入状況を聞かれた場合は、嘘偽りなく正直に答えましょう。嘘をつくと審査でマイナスにしかなりません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加