銀行口座なしによるカードローンの申込みについて

カードローンは口座不要で申込できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの申込に銀行口座は不要です。特に銀行カードローンの場合は、その銀行に口座を持っていないとカードローンの申込みができないと勘違いをされている方がいるのですが、銀行口座は必要ありません。

カードローンに申込んだ後で、ローンカードが発行されますが、それを使ってATMから借り入れも返済もできるからです。

そもそもカードローンとは?


カードローンとは、金融機関(銀行、消費者金融)から発行されたローンカードを使って、ATMから利用限度額内で自由にお金の引き出しと返済ができるサービスのことです。

お金を借りる時も返済をする時も銀行口座は不要です。尚、提携ATMは全国のコンビニ、銀行のどこにでもありますので、ATMが見つからないという事態にはなりません。

カードローンというサービスが社会に浸透できた背景には、どこからでも簡単にお金の借入と返済ができるという手軽さが受けたからとも言えます。

銀行口座が必要な場合もある


原則として、カードローンの利用には銀行口座は必要ありませんが、場合によっては必要になるケースもあります。一番多いケースは、すぐにお金が必要な場合です。ATMからお金を引き出すにはローンカードが必要ですが、ローンカードは基本的に申込みから数日後に自宅に送られてきます。

つまり、一般的にはカードローンの利用ができるのは、申込みをしてから数日後になるのです。ただ、急ぎの場合は店舗や自動契約機からローンカードを受け取ることもできますが、それらの場所に足を運べない場合は、銀行口座に振り込みにて融資をしてもらうことになります。即日融資を希望する場合で、ローンカードの受け取りができない場合は、銀行口座が必要であるということは、よく理解をしておきましょう。

尚、カードローンの返済はATMから行うのが一般的ですが、銀行口座から自動引き落としで返済をすることもできます。毎月ATMに足を運ばずに自動引き落としで返済をしたい場合は、銀行口座が必要になるとうこともよく覚えておきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加