カードローンの解約について

カードローンの解約について

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンは、全ての借金を完済した後で、各社の規定に従って手続きをすれば解約ができます。

尚、カードローンを完済した後も解約をしなければ、またいつでも利用限度額内でお金を借りることができますが、必要ない場合は解約をした方がよいです。解約をしないと、将来的に銀行のローンが組みにくくなってしまうからです。

カードローンを解約をしないことのメリット


カードローンは、ローンカードを使って、利用限度額内でお金の引き出しができるサービスですが、借りたお金をすべて返済した後も、解約せずにそのまま契約を残しておけば、またお金が必要な時に利用限度額内でお金の引き出しができます。

さまざまな事情があって、ちょくちょく借金をする必要がある場合は、解約をせずに契約をそのまま残しておいた方がよいでしょう。カードローン会社によって一度設けられた融資枠は、契約期間中はずっとそのままです。

カードローンの契約後に仕事を辞めた場合でも、カードローンの契約を残しておけば、利用限度額内で再びお金を借りることができます。このように、いつでも利用限度額内でお金を借りることができるのが、カードローンの契約を残しておくことのメリットと言えます。

カードローンを解約をしないことのデメリット


カードローンは借入金を完済したとしても、解約をしないでそのままにしておくと、個人信用情報機関に融資枠のデータが残ってしまいます。この融資枠のデータが残っていると、銀行で住宅ローンやカーローンなどを組む際に審査で不利になります。住宅ローンやカーローンの審査において、他の金融機関からの借金があると審査では不利になりますが、カードローンの融資枠は借金と同じ扱いを受けてしまうのです。

例えば、住宅ローンに申し込んだ場合に、まだカードローンの契約が残っていて、融資枠が300万円あったとします。この場合は、例えカードローンからの借金を完済後だったとしても、既に300万円の借金がある、と銀行側に判断されてしまうのです。この点がカードローンを解約しないことのデメリットと言えます。これ以上カードローンを利用しないなら、解約をしてしまった方がよいでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加