保険証なしでのカードローンの申込みについて

カードローンは保険証なしでも申込できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの申込には本人確認書類の提出が必要です。本人確認書類として、保険証、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードのいずれかの書類の提出が必要です。

フリーターで、国民健康保険に加入していない人の場合は、健康保険証を持っていないと思いますが、健康保険証がなくても本人確認書類として、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードのいずれかが提出できれば、申込は可能です。

保険証だけではなく運転免許証もパスポートもない場合


カードローンの利用を検討している方の中には、健康保険証だけでなく、運転免許証もパスポートもないという人もいらっしゃっるでしょう。ですが、住民基本台帳カードはお住まいの地域(住民票がある地域)の役所に行けば、誰も取得ができます。

保険証、運転免許証、パスポートのいずれかの本人確認書類を持っていない場合は、お住まいの地域の役所で住民基本台帳カードを発行してもらいましょう。尚、住民基本台帳カードは写真付きと写真なしを選べますが、カードローンの申し込みには写真付きの住民基本台帳カードの提出をする必要があります。

収入がなければカードローンは利用できない


保険証を持っていない方の大半はフリーターとして仕事をしている方達ですが、中には収入がなくて保険に入れないという方もいらっしゃると思います。残念ながら、現時点で収入のない方はカードローンを利用することはできません。

カードローンの申し込みができるのは、どこの会社も「20歳以上で安定収入がある方」に限られるからです。尚、中には勤務先を偽り、安定収入があるフリをして申込みをする人もいるのですが、カードローンの審査には必ず勤務先への電話による在籍確認があります。

勤務先を偽って申込みをしても、すぐにバレてしまうので、現時点で収入のない方はカードローンの利用は諦めましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加