銀行系カードローンについて

銀行系カードローンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行系カードローンとは、勘違いされている人が多いのですが、銀行カードローンのことではありません。銀行がバックボーンについている大手消費者金融は、銀行系消費者金融と呼ばれていますが、そのような大手消費者金融が提供しているカードローンのことを銀行系カードローンと呼びます。そのため、銀行系カードローンとは、実際には大手消費者金融が提供しているカードローンになります。詳しく解説をしましょう。

銀行系カードローンは総量規制の対象になる


貸金業者(消費者金融や信販会社)からお金を借りる場合は、年収の3分の1を超える金額を借りることができないという総量規制の対象になります。

銀行系カードローンも実際には大手消費者金融が提供しているカードローンのため、総量規制の対象になります。尚、銀行カードローンは総量規制の対象になりません。銀行は貸金業者ではないため、貸金業法が提供されないからです。

銀行系カードローンと銀行カードローンは名前こそ似ていますが、前者は消費者金融が提供しているカードローンなのに対して、後者は銀行が提供しているカードローンになります。この違いはよく理解をしておきましょう。

銀行系カードローンと消費者金融カードローンは何が違うのか?


ハッキリ言ってしまえば、銀行系カードローンと消費者金融カードローンには何の違いもありません。どちらも母体となっているのは消費者金融ですし、金利や審査基準などもほぼ同じです。では、なぜ「銀行系カードローン」と呼ばれているのか?これは消費者金融のイメージをよくするためです。

消費者金融からの借金は、借り手に対してどうしてもマイナスな印象を与えてしまいますが、銀行が消費者金融のバックボーンとしてつき、銀行系カードローンというサービス名にすることで、借り手に対しての印象をよくしているのです。「銀行系」と聞くと、なんだか印象がよく感じますが、実際には消費者金融のカードローンと何ら変わりません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加