カードローンの基礎用語について

カードローンの基礎用語

カードローンの実質年率とは?

カードローンの金利はどこも実質年率になります。実質年率とは、簡単に説明をすると「残額に対して日割りで利息が発生する金利」のことです。具体例をもとにわかりやすく説明をしましょう。実質年率15%で50万円を借りた場合上記にて、「カードローンの金利は残額に対して日割りで利息が発生する」と説明をしましたが、...

≫続きを読む

カードローンの遅延損害金とは?

カードローンの遅延損害金とは、返済が1日でも遅れた場合に発生する損害金のことです。遅延損害金の利率はカードローン各社によって異なりますが、おおよそ実質年率で20%に設定しているところが多いです。尚、遅延損害金は、通常の利息とは別に残額に対して返済が遅れた分だけ日割りで発生します。具体的をもとに解説を...

≫続きを読む

カードローンの限度額(融資枠)とは?

カードローンには「限度額」、「融資枠」と呼ばれるものがありますが、これはローンカードを用いてATMからお金の引き出しができる利用限度額のことです。カードローンの利用限度額は、申込者の職業や他社からの借入状況などを踏まえて、各社の基準によって設定されます。希望借入額=利用限度額ではないカードローンに申...

≫続きを読む

カードローンの残高スライド方式とは?

カードローンの返済方式は、どこも残高スライド方式になります。残高スライド方式とは、借入残高(残りの返済額)に対して、毎月の最低返済額が決定する返済方式のことです。具体例をもとにわかりやすく解説をしましょう。借入残高に対して毎月の最低返済額が決まるA銀行のカードローンの場合は、借入残高(残りの返済額)...

≫続きを読む