カードローンの残高スライド方式について

カードローンの残高スライド方式とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの返済方式は、どこも残高スライド方式になります。残高スライド方式とは、借入残高(残りの返済額)に対して、毎月の最低返済額が決定する返済方式のことです。具体例をもとにわかりやすく解説をしましょう。

借入残高に対して毎月の最低返済額が決まる


A銀行のカードローンの場合は、借入残高(残りの返済額)によって以下のように毎月の最低返済金額が決まっています。

借入残高

毎月の最低返済金額

500,000円以下

10,000円

500,001円〜1,000,000円

15,000円

1,000,001円〜1,500,000円

20,000円

1,500,001円〜2,000,000円

25,000円

2,000,001円〜2,500,000円

30,000円

2,500,001円〜3,000,000円

35,000円

3,000,001円〜3,500,000円

40,000円

3,500,001円〜4,000,000円

45,000円

4,000,001円〜4,500,000円

50,000円

4,500,001円〜5,000,000円

55,000円

5,000,001円〜6,000,000円

60,000円

6,000,001円〜7,000,000円

65,000円

7,000,001円〜8,000,000円

70,000円


カードローンの返済はATMから


カードローンの返済はATMから行うのが一般的です。返済期日までにコンビニや銀行の提携ATMから返済を行います。尚、毎回返済をする金額は、最低返済金額より多めに返済をする分には何ら問題ありません。カードローンの利息は借入残高に対して日割りで発生するので、余裕のある月は多めに返済をした方が、その分利息を安く抑えることができます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加