カードローンの限度額について

カードローンの限度額(融資枠)とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンには「限度額」、「融資枠」と呼ばれるものがありますが、これはローンカードを用いてATMからお金の引き出しができる利用限度額のことです。カードローンの利用限度額は、申込者の職業や他社からの借入状況などを踏まえて、各社の基準によって設定されます。

希望借入額=利用限度額ではない


カードローンに申込みをする際には、希望借入額を最初に申告する必要がありますが、必ずしも希望借入額が融資枠になるとは限りません。利用限度額は、申込者の職業、年収、雇用形態、勤続年数、他社からの借入の有無などを考慮して、審査の上、決定します。

例えば、希望借入額が100万円であったとしても、審査の結果、利用限度額を70万に設定されてしまうこともあります。希望借入額と利用限度額は必ずしも同じにはならないということは、よく理解をしておきましょう。

カードローンの極度額とは?


実はカードローンには極度額というものがあります。これは、契約上融資可能な限度額のことです。例えば、審査の結果、利用限度額が100万円に設定された場合でも、極度額は130万円くらいになります。

ではなぜ、カードローン会社は最初から極度額を利用限度額にしないのかと言いますと、申込者がしっかりと返済をしてくれるか否かを見極めるためです。

最初から契約上可能な最高額の融資を行うのは、カードローン会社としてもリスクがあるので、まずは利用限度額を極度額よりも低く設定して、様子見をするのです。カードローンはしっかりと返済をしていれば、利用限度額を増額してもらこともできますが、これは極度額の範囲内で行われます。

限度額はカードローン各社によって異なる?


設定される利用限度額は、申込みをするカードローン会社によって異なりますが、ほぼどこの会社も同じだと思った方がよいでしょう。カードローンの審査基準は会社によって異なりますが、どこも大きな違いはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加