カードローンのブラックについて

カードローンのブラックとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンのブラックとは、簡単に説明をすると、これまでに何度も滞納歴があったり、既に多額の借入をしていることが原因で、新たにカードローンの契約ができない状態を指します。

なぜ、ブラックと呼ぶのか?


カードローンを利用すると、過去の滞納歴や全ての金融機関からの現在の借入額が個人信用情報機関に登録されます。カードローンの審査は、申込み者の信用情報を調べた上で行われますが、過去に何度も滞納歴があったり、既に多額の借り入れをしていると「貸付をしても返済は難しいだろう」と判断されて、新たに融資を受けることができません。

そのため、新たにカードローンの契約ができない人達は、「個人信用情報機関のブラックリストに登録された」と言われるようになったのです。これがブラックと呼ばれるようになった所以です。もちろん、個人信用情報機関にはブラックリストと呼ばれるものはありません。

ブラックにならないようにするためには?


カードローンのブラックと呼ばれる状態にならないようにするためには、返済が遅れないようにすることです。カードローンの返済は、借入金額によって毎月の最低返済額が決まっていますが、余裕のない月は無理して多めに返済をしなくてもよいので、最低返済額だけは期日までに支払うようにしましょう。

尚、カードローンの返済は基本的にATMから行いますが、返済をすると残額と次回の返済期日が書かれたレシートが発行されます。そのレシートを財布の中にしまっておくとよいでしょう。

他社からの借入額はごまかせない


カードローンの申込みする際には、他社からの借入総額を申告しなければいけません。その際に、審査に通りやすくするために借入額をごまかして申告をする人もいるのですが、他社からの借入に関する情報はすべて個人信用情報機関に登録されているので、嘘をついてもすぐにバレしまいます。

繰り返しになりますが、カードローンの審査では必ず申込み者の信用情報はチェックされます。情報を偽って申込みをすれば、それだけ審査で落とされやすくなるは言うまでもありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加