カードローンの一括返済について

カードローンの一括返済について

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの返済は、どこの会社も残りの返済額によって毎月の最低返済額が決まる借入金額スライドリボルビング方式(例:借入金額が50万円以下の場合は毎月の最低返済額は1万円)です。

毎月の最低返済額をATMや銀行振込、口座振替などで返済をしていくわけですが、残額を全て返済したい場合は一括返済もできます。

カードローン会社に電話をして返済日を決める


一括返済をしたい場合は、カードローン会社に電話をして一括返済がしたい旨と返済希望日を伝えます。

そうすると、その場で返済日までの利息計算をしてくれて、利息を含む残りの返済額と振込口座を教えてくれます。その後に指定日に残額を振り込めば一括返済は完了となります。

注意しなければいけないのは、返済日が決まったらその日の15時までに必ず振込をするということです。カードローンの金利は実質年利のため、日割りで利息が発生します。

つまり、15日が一括返済の日なのに、15日の15時以降に振り込みした場合は、16日の振込として扱われてしまうため、1日分の利息が足りない計算になってしまうのです。

こうなると、足りない利息分だけを再度振り込まなければいけなくなってしまうので、注意しましょう。尚、15日が一括返済日の場合は、14日の15時過ぎに振込をすれば、15日分の振込として扱われるため、より確実に返済をすることができます。

ATMからも一括返済はできるが・・・


ATMからも一括返済はできますが、ATMは千円単位でしかお金の返済ができないのと、多く返済をしてしまった場合でもおつりが払い戻しされないというデメリットがあります。

例えば、残り返済額が27,000円だとして、ATMに30,000円(1万円札を3枚)を入れても3,000円のおつりは出てきません。ですので、例えば残りの返済額が27,800円の場合は、28000円をATMに入れなければいけないのです(この場合でも200円のおつりは戻ってきません)。

尚、利息を含めた最新の返済額を知りたい場合は、一度ATMから小額のお金を返済します。そうすると、利息を含む残りの返済額が記載されたレシートが発行されますので、その金額をその日中にATMから再度返済を行えば、不足分なく全額を返済することができます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加