カードローンの申込と嘘について

カードローンの申込で嘘はバレる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

稀に嘘をついてカードローンの申込みをする人がいるのですが、バレた時に審査ではじかれてしまう可能性があります。カードローンの申込みにおけるよくある嘘とそれらがバレてしまう理由について、詳しく見ていきましょう。

勤務先を偽る


カードローンの申込みにおける嘘で多いのが、勤務先を偽っての申込みです。働いていない方が適当な会社名を申告して申込みをしたり、実際の勤務先とは違う会社名を申告して申込みをするケースは意外にも多いです。

ですが、カードローンの申込みには必ず在籍確認(申告のあった会社で本当に働いているを確認するため勤務先に電話をかける)がありますので、勤務先を偽っても確実にバレます。現在仕事をしていない方、及び本当の勤務先を申告して申込みができない方は、時間の無駄ですので最初から申込みはしない方がよいでしょう。

年収を偽る


消費者金融のカードローンを利用する場合、全ての貸金業者を合わせて年収の3分の1までしかお金を借りることができないという総量規制があるので、借入可能額を高くするために年収を実際よりも高く申告する人がいます。ですが、年収の偽りはバレることが多いです。

なぜなら、消費者金融から50万円を超える額の借り入れをする場合は年収証明の提出が必要ですし、他社で借り入れをしたことがある場合は、他社に申込みをした時点の年収が個人信用情報機関に登録されているので、それよりも高い年収で申告をしてもすぐにバレてしまいます。

初めて消費者金融のカードローンを利用する人で、借入希望額が50万円を超えない方であれば、嘘の年収を申告をしてもバレはしませんが、収入が少ないに大金を借りても返済はできないでしょうし、おすすめの方法とは言えません。

尚、銀行カードローンは50万円を超える金額の融資を受ける場合でも、収入証明の提出をしなければいけないという法的なルールはありませんが、他社から既に借り入れをしていたり、借入希望金額が大きい場合(銀行にもよりますが、100万円以上か300万円以上が多い)は、銀行側の規定で収入証明書の提出を求められることもあります。

嘘をついたことがバレると心証もよくないので、嘘偽りなく正直に申込みをした方が賢明と言えます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加