カードローンには在籍確認について

カードローンには在籍確認はある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

全てのカードローン会社で在籍確認は必ずあります。なぜなら、カードローンを利用できるのは「20歳以上で安定収入がある方」に限られるからです。カードローン会社からすれば、申込者に安定収入があるか否かを判断するために、申込み時に申告のあった勤務先でちゃんと働いているかを確認する必要があるのです。

実際問題として、カードローン会社が在籍確認を行わなくなれば、仕事をしていない人が勤務先を偽って申込みをするようになり、健全なお金の貸し借りはできなくなってしまうでしょう。

在籍確認は電話で行われる


在籍確認の手段として、申込者の勤務先に電話を入れて、在籍の有無の確認するのが一般的です。しかし、勤務先に電話をされたからいといって、カードローンの在籍確認だとバレる心配はありません。なぜなら、個人名で電話をかけてくれたり、保険外交員やクライアントを装って電話をしてくれるからです。

どんな感じで電話をしてもらうか?については、カードローン会社の社員によく相談をして決めることもできます。外部から普段電話がかかってこないような部署で働いているなら、家族の名前でかけてもらうのもありでしょう。

例えば、経理部の中田吉雄さん宛に、中田理恵さんという方から電話がかかってくれば、電話を一番最初に受けた人は親族からの電話だと思うでしょう。「カードローンの申込みが会社の人にバレたらどうしよう・・・」と在籍確認の電話を心配するよりも、どのように電話をかけてもらえれば勤務先に怪しまれないか?を考えた方が賢明と言えます。

電話による在籍確認が行われないケースも


基本的にカードローンの在籍確認は電話で行われますが、さまざまな事情で職場に電話をされると困る方もいらっしゃると思います。そのような方の場合は、健康保険証や名刺、社員証など、在籍が確認できるものを提出することで、電話による在籍確認を免除してもらえるケースもあるみたいです。

ただ、これについてはカードローン会社も公に謳っているわけではなく、電話での在籍確認が行えないやむおえない事情がある、と判断された場合のみ、電話による在籍確認を免除してもらえるようです。

カードローンの申込みをすると、一番最初に申込み確認の電話がかかってきますので、その時に相談をするとよいでしょう。尚、電話による在籍確認を免除してもらえない場合は、その場で申込みを取り消すこともできます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加