大学生のカードローンの利用について

大学生でもカードローンは利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生でも20歳以上で安定収入があれば、カードローンは利用できます。安定収入の定義は金融機関によって異なりますが、週5日フルタイムで働いているような二部学生であれば、まず問題はないと言われています。

尚、週に3日、4日パートタイムで働いている場合は、それが安定収入と判断されるか否かは金融機関次第なので、とりあえず申込をしてみましょう。

嘘をついて申込みはしてはいけない


大学生がカードローンの申し込みをする場合に多いのが、勤務先を偽ったり、実際には仕事(バイト)をしていないのに仕事をしていることにして申込みをするケースです。

カードローンの審査には必ず勤務先への在籍確認がありますが。在籍確認とは、申し込み時に申告のあった勤務先で本当に仕事をしているか否かを直接電話して確認をする行為のことです。

在籍確認がある以上は、勤務先を偽ってもすぐにバレてしまいます。それに、仕事をしていないのであれば、収入がないのにお金を借りても返せるはずがないので、カードローンの利用はすべきではないでしょう。

利用目的は正直に言った方がよい


カードローンに申込みをすると、借りたお金の利用目的を聞かれることが多いですが、利用目的は正直に答えた方が審査に通りやすいです。

例えば、バイクを買いたい、海外旅行に行きたい、などがの娯楽が利用目的だと審査で落とされてしまうのでは?と思われている方も多いのですが、利用目的が娯楽費でも審査に落とされることはありません。

娯楽を楽しむためにはお金が必要ですし、そのためにカードローンというサービスが存在しているのです。下手に学費のためとか、入院費とか嘘をつくよりも、娯楽のためと伝えた方が印象はよくなります。

尚、パチンコやスロットなどのギャンブルが目的だと、審査に落とされてしまうのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加