内定が出た学生のカードローンの利用について

内定が出た学生ならカードローンは利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生の場合、既に内定が出ていても、カードローンに申込をした時点で安定収入がなければ、カードローンの審査には通りません。内定は企業側から取り消されたり、学生本人が辞退するケースもあります。

そのため、例え内定が出た後でも、カードローン会社は将来的に安定収入を確保できているとは判断してくれません。今現在、バイトをしているようなら、それが安定収入と判断される可能性がありますので、とりあえず申込をしてみましょう。

現時点で安定収入がなければダメ


カードローンは「20歳以上で安定収入がある人」が申込み対象になっていますが、安定収入とは今現在の安定収入のことです。就職が決まり、翌月に入社を控えていたとしても、現時点で安定した収入がなけれれば、申込みをしても審査で落とされてしまうでしょう。

安定収入の定義は曖昧


内定が出た会社に入社をする前でも、今現在何かしらのアルバイトをしていて、それが安定収入と判断されれば、カードローンを利用できる可能性はあります。

基本的にどこのカードローン会社でも、雇用形態(正社員、派遣、バイト)を問わず、週5日フルタイムで仕事をしていれば、安定収入があると判断をしてもらえるみたいですが、週2日、3日程度のパートタイムでの仕事でも、特定の会社に所属していて常時仕事がある方、月収が極端に低くない、などの条件を満たしていれば、カードローン会社によっては安定収入があると判断をしてくれるみたいです。

ですので、内定が出た会社に入社する前の学生の方でも、現時点で何かしらのアルバイトをしているようなら、とにかく申し込みをしてみましょう。

情報を偽っての申し込みはダメ


学生の方がカードローンを利用する場合、勤務先などの情報を偽って申し込みをするケースが多いのですが、後で必ずバレてしまうので、勤務先の情報などを偽ることでしか申し込みができないのであれば、最初からカードローンの申し込みはしない方がよいでしょう。

カードローンの審査では、申込み時に申告のあった勤務先への電話による在籍確認は必ず行われます。カードローン会社の社員が申込み者の勤務先に電話をして、在籍の確認が取れなければ、100%審査で弾かれてしまいます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加