母子家庭のカードローンの利用について

母子家庭でもカードローンは利用できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

母子家庭でも申込者本人に安定収入があれば、カードローンは利用できます。よくカードローンの審査では、家族構成なども審査基準に入っていると言われていますが、母子家庭かどうかは大して重要ではありません。

安定収入があるか否かが一番重要


カードローンの審査では、安定収入の有無を一番重要視されます。例え両親がお金持ちだとしても、申込み者に安定収入がなければ審査には通りませんし、申込み者に安定収入があれば、母子家庭だろうと父子家庭だろうと審査には通過できます。カードローンの申し込みにおいて、家族構成はさほど気にする必要はないでしょう。

生活保護費は安定収入とはみなされない


母子家庭でも安定収入があれば、カードローンの利用はできると説明をしましたが、生活保護費は安定収入とみなされません。

母子家庭の中には、生活保護費だけで生計を立てている家庭もあると思いますが、生活保護費とは別に収入がなければ、安定収入がないと判断され、カードローンの審査には落とされてしまうでしょう。

尚、カードローンの審査には年収も重要となってきますが、生活保護費は年収としてカウントされません。生活保護を受けながら仕事をしている場合は、労働で得られる給料のみが年収としてカウントされます。

総量規制にも注意しよう


消費者金融のカードローンを利用する場合は、総量規制の対象になります(銀行カードローンは総量規制の対象外です)。母子家庭で生活保護を受けている場合は、必然的に高い年収を得ていないことになりますが、消費者金融カードローンを利用する場合は、年収の3分の1を超えた金額を借りることができません。

つまり、生活保護費を除く年間収入が60万円であれば、最大で20万円までしかお金を借りることはできません。尚、銀行カードローンは総量規制の対象外になりますが、年収が低いと融資枠も低く設定されてしまいます。

総量規制の対象にならない銀行カードローンを利用する場合でも、年収が低ければ融資枠は低く設定されてしまうということは、よく理解をしておきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加