女性向けのカードローンについて

女性向けのカードローンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性向けのカードローンとは、よく「レディースローン」などとも呼ばれていますが、女性のみが申込できるカードローンのことです。しかし、その実態は一般のカードローンと大した違いはありません。

原則として、申込対応は全て女性がしてくれますが、これは初めてカードローンを利用する女性が、窓口対応が男性だと相談しにくいだろう、ということでできたサービスです。そのため、申込対応をしてくれるがの女性ということ以外は、一般のカードローンと何ら変わりありません。

専業主婦でもカードローンを利用できる?


結論から言えば、専業主婦でもカードローンの利用は可能です。ただし、銀行カードローンに限られます。消費者金融カードローンは、貸金業法の総量規制の対象になるため、借入は難しいと考えた方がよいでしょう。

具体的に説明をすると、収入のない主婦が消費者金融からお金を借りる場合は、貸金業法で規定された配偶者貸付という制度を利用することになるのですが、配偶者(旦那さん)の同意書、婚姻関係を示す書類、配偶者の収入を証明する書類の3点を提出しなければいけません。

カードローンを利用する専業主婦のほとんどは、旦那さんに内緒でお金を借りたいと考えいるのが現状ですが、これらの種類を配偶者に内緒で用意するのは不可能でしょう。また、ほとんどの消費者金融は、そもそも配偶者貸付に対応していません。

銀行カードローンならなぜ専業主婦でもお金を借りられる?


銀行は貸金業者ではないため、貸金業法が適用されません。そのため、銀行カードローンに申込みをする場合は、法律上、配偶者の同意書、婚姻関係を示す書類、配偶者の収入を証明する書類などを提出する必要がないのです。ただ、専業主婦の場合は貸付限度額が30万円〜50万円(貸付限度額は銀行によって異なる)に設定されていることが多いです。

また、カードローンの審査は配偶者(旦那さん)の年収や雇用形態、勤続年数などを踏まえて行われますが、確実に審査に通過できるとは限りません。審査に通過するには、配偶者に「安定収入がある」と判断される必要があるからです。極端な話ですが、旦那さんの雇用形態がアルバイトで、月収が10万円にも満たない状況だと、「安定収入はない」と判断されてもおかしくはありません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加