カードローンの申込と年収証明について

カードローンの申込に源泉徴収票などの年収証明は必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの申込みをしたいけど、源泉徴収票などの年収証明の提出するのは面倒・・・と思われている方もいることでしょう。年収証明の提出については、利用するカードローンが消費者金融か銀行かによってもルールが異なります。詳しく解説しましょう。

消費者金融のカードローンの場合


消費者金融のカードローンに申込みをする場合は、借入希望額が50万円を超える場合、もしくは他の貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社)も合わせた合計借入額が100万円を超える場合は、貸金業法の規定で源泉徴収票などの年収証明の提出が必要になります。

これは法律で決まっているルールになりますので、年収証明の提出ができない場合は申込みができません。尚、訳あって年収証明の提出ができない場合は、借入希望額を50万円以下にして申込みをすれば、この問題はクリアになります。

銀行カードローンの場合


銀行は貸金業者ではないため、貸金業法は適用されません。そのため、銀行カードローンの場合は、借入希望額が50万円を超えても源泉徴収票などの年収証明の提出は、法律上は必要ありません。ですが、銀行側の規定で提出を求められることもあります。

年収証明の提出を求められる希望借入額は銀行によっても異なりますが、100万円以上にしている銀行もあれば、300万円以上の銀行もあります。年収証明の提出が必要な希望借入額については、銀行各社が運営しているWEBサイト(カードローンの申込サイト)の貸付条件表に記載されていますので、事前によく確認をしておきましょう。

収入証明書類の種類について


年収証明の提出が必要な場合に収入を証明する書類として、一番に思いつくのは源泉徴収票ではないでしょうか。ですが、収入を証明する書類はこれだけではありません。給与明細や住民税課税決定通知書、個人事業主の方なら、確定申告書の写しでも代用できます。年収証明の提出は何かと面倒だと思われがちですが、身近にある収入証明書類を用意すれば、思ったよりも手間はかからないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加