カードローンの申込と固定電話について

カードローンの申込に固定電話は必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの申し込みには個人の電話番号が必要になりますが、携帯電話を持っている方は、自宅の固定電話の番号は必要ありません。逆に携帯電話を持っていない方は、自宅の固定電話の番号で申し込みができます。

勤務先の電話番号には固定電話の番号が必要


カードローンの申し込みには勤務先の情報(会社名、住所、部署名、電話番号)が必要になりますが、原則として勤務先の固定電話の番号は必要になります。基本的にカードローン会社は勤務先に直接電話をして在籍確認を行いますので、ほとんどのカードローン会社で勤務先の固定電話の番号が必要になります。

一部のカードローン会社では、勤務先への在籍を証明できる書類(健康保険証や社員証)の提出をすることで、電話での在籍確認を免除してもらえますが、それでも勤務先の固定電話の番号は必要になるケースが多いです。

カードローン会社の電話は発信専用


最近の電話機はほとんどがナンバーディスプレイに対応していますので、カードローン会社から在籍確認の電話があると、電話番号が表示されてしまいます。そのため、会社の誰かにその番号を控えられて、電話されたらどうしよう・・・と不安に思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、カードローン会社は発信専用の電話回線を利用して、在籍確認の電話をしてきますので、仮に会社の誰かにその番号に電話をされてもカードローン会社につながることはありません。

携帯電話で職場に電話してもらうこともできる


上記でナンバーディスプレイに対応した電話機だと、在籍確認の電話が入った場合に番号が表示されてしまうと説明をしましたが、固定電話の番号が表示されるとまずい場合は、カードローン会社で所有をしている携帯電話から電話をかけてもらうこともできます。

個人名で在籍確認の電話をかけてもらう場合は、携帯電話の番号が表示された方が不自然ではないかもしれません。もちろん、携帯電話は普段は電源がオフになっていますので、折り返し電話をされてもつながらないようになっています。在籍確認の電話の方法については、遠慮なくカードローン会社の社員の方に相談をしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加