カードローンの融資額について

カードローンの融資額はどうやって決まる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの融資額は、申込者の希望額だけで決まるわけではありません。申込者の職業、年収、雇用形態、勤続年数、家族構成などの情報を元に審査が行われ、カードローン会社が融資額を決定します。

例えば、100万円の融資を希望したとしても、カードローン会社から100万円の返済能力がないと判断されれば、融資額は50万円になってしまうことも珍しいことではありません。

消費者金融は総量規制の対象になる


カードローンは銀行カードローンと消費者金融カードローンの二つに大別されますが、後者は貸金業者になりますので、貸付には貸金業法が適用されます。つまり、消費者金融カードローンは総量規制の対象になるため、全ての貸金業者(消費者金融や信販会社)を合わせて、借入可能額は年収の3分の1までになります。

例えば、年収300万円の人が、消費者金融2社から既に合計90万円を借りている場合は、3社目に申込みをしても最大融資額は10万円になってしまうのです。消費者金融からお金を借りる場合は、最大融資額は年収の3分の1までということは、よく理解をしておきましょう。

銀行カードローンには総量規制は適用されないが


銀行は貸金業者ではないため、銀行カードローンは総量規制の対象外になります。つまり法律上は、貸金業者からの借入総額が年収の3分の1に達してしまっている人でも、融資を受けることは可能ですが、お金を貸すか貸さないかは銀行側の判断によります。

また、初めてカードローンを利用する人が、年収の3分の1以上の希望融資額で申込みをすることもできますが、これも同じで、申込者の希望額通りのお金を貸すか貸さないかは、銀行側の判断によります。

融資額=信用額とも言われている


融資額は信用額とも言われていますが、実際に銀行カードローンから年収の7割くらいの融資額を設定されている方もいます。社会的地位の高い職業や会社、年収が高い方などは、それだけで信用度が高いと判断されて、1,000万円の年収に対して、700万円の融資額を設定してもらっている方などもいます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加