審査の甘いカードローンについて

審査の甘いカードローンはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの審査基準は会社毎に異なりますが、どこも大して違いはありません。そのため、A社は審査がすごく厳しいが、B社は審査がすごく甘いなんてことはありません。尚、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、審査通過の難易度は同じくらいと言われています。

”審査が甘い”という謳い文句に注意


インターネットでカードローンについて調べていると、”審査が甘い”とか”ブラックでもOK”、”誰でも審査に通過できる”などの謳い文句で、カードローンの申込みに誘導するようなサイトをよく見かけます。

そのようなサイトで紹介されているようなカードローンは、融資詐欺か暴利でお金の貸付をしている闇金融の可能性が高いと言えます。まともな会社(銀行カードローンや大手消費者金融)はどこも審査基準に大した違いはありませんので、”審査が甘い”とか”ブラックでもOK”と謳って、ユーザーを集めるようなことはしません。

安定収入がないとお金は借りられない


そもそもカードローンを利用できる人は、20歳以上で安定収入がある人に限られます。安定収入の定義こそ、カードローン会社によって異なりますが、無職の人や収入が不定期で入ってくるような短期単発のアルバイトで生計を立てているような人は、まず審査に通過することはできないでしょう。

また、最近ではレディースローンやレディースキャッシングなど、女性を対象としたカードローンもありますが、これらも収入のない専業主婦に融資をすることを目的としたサービスではありません。尚、銀行カードローンの場合は、配偶者に安定収入があれば、専業主婦でも利用可能です。

総量規制に引っ掛かっているなら銀行カードローン


消費者金融からの借り入れ総額が年収の3分の1に達してしまい、総量規制の影響で新たな借り入れができないとお困りの方は、銀行カードローンを利用しましょう。総量規制は、貸金業者である消費者金融や信販会社からの借り入れを制限するための制度ですが、貸金業者ではない銀行は総量規制の対象外になります。

審査をしてみないとわかりませんが、消費者金融から年収の3分の1までお金を借りている人が、銀行カードローンからお金を借りることができるケースは、実際にかなり多いです。審査の甘いカードローンを探すのではなく、総量規制などの貸金業法に関する制度をよく理解することから始めていきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加