低金利なカードローンについて

低金利なカードローンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンは、一般的なローン(住宅ローン、カーローン、教育ローン)に比べると金利が高いですが、強いて言うなら、銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも低金利です。ですが、銀行カードローンは審査に若干時間がかかるので、即日お金を借りたい人には向きません。

カードローンの金利はどれくらい?


カードローンの金利は借入額が高ければ高いほど、金利は低金利になります。借入金額が100万円以下の場合で見てみると、消費者金融カードローンの金利が実質年率で約18%なのに対して、銀行カードローンの金利は実質年率で約14%になります。

金利だけで見たら、消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方がお得と言えます。もちろん、双方にはメリット、デメリットがあるので、お金の利用用途に合わせて使い分けるのがよいでしょう。

1分1秒でも早く融資を受けたいなら消費者金融


カードローンは手軽にお金を借りることができるサービスでありますが、融資までのスピードは消費者金融カードローンと銀行カードローンでは異なります。前者は即日融資も可能(平日の午前中に申込みが完了している場合に限る)なのに対して、後者は融資を受けるまでに若干時間がかかります(それでも1週間以内)。

特に急ぎでお金が必要でないようでしたら、低金利な銀行カードローンに申込みをした方がよいと思いますが、すぐにでもお金が必要な場合は、スピード融資に対応できる消費者金融カードローンに申込みをしたほうがよいでしょう。

総量規制にも注意しよう


消費者金融カードローンと銀行カードローンの違いは、金利と融資を受けるまでスピードだけではありません。前者は貸金業法の総量規制の対象になるため、年収の3分の1を超える金額の融資を受けることができませんが、後者は貸金業法の総量規制が適用されないため(銀行は貸金業者ではないため)、年収の3分の1を超える金額の融資を受けることも形式上は可能です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加