電話による在籍確認なしのカードローンについて

電話による在籍確認なしのカードローンはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの申込をしたいけど、職場に在籍確認の電話をされるのは困る・・・という方も多いのではないでしょうか。原則として、どこのカードローン会社も電話による在籍確認を行いますが、場合によっては職場への電話以外の方法で、在籍確認をしてもらえるケースもあります。

そもそもなぜ在籍確認が必要なのか?


どのカードローン会社も商売でお金の貸付をして、利息で利益を得ていますが、彼らにとって一番困るのが貸し倒れです。貸したお金が戻ってこなければ、会社としても大きな損失になります。だからこそ、どのカードローン会社も申込対象を「20歳以上で安定収入がある方」にしているのです。

もしカードローン会社が在籍確認を行わなければ、誰でも勤務先を偽って融資を受けることができてしまいます。その中には当然、安定収入の無い人もいわるわけで、そのような人達に融資を行うということは、貸し倒れのリスクを高めてしまうのです。尚、在籍確認の手段として職場への電話確認が行われるのは、この方法が確実にカードローン申込者の会社への在籍の有無を確認できるからです。

電話による在籍確認を免除してもらえるケースもある


在籍確認の重要性については上記でも説明をしましたが、それでも中には会社に電話をされると困る方もいらっしゃると思います。特に会社の管理部門(経理部や人事部)で働いている方などは、外部からの電話が入るようなことはありませんので、個人名でかけてもらったとしても、周りから不審がられてしまうケースもあるでしょう。

このようにやむを得ない事情で職場に電話をされると困る場合は、会社に在籍していることを証明できる書類(健康保険証、直近の給与明細、社員証など)の提出をすれば、電話による在籍確認を免除してもらえるケースもあります。カードローンに申込をすると、最初に本人確認のための電話がかかってきますので、そのタイミングで相談をするとよいでしょう。

在籍確認の電話を工夫することも大切


普段は外部から電話がかかってこないような部署で働いている方でも、周りにカードローンの在籍確認だと怪しまれないで電話をしてもらう方法があります。それは、家族の名前でかけてもらうことです。例えば、経理部の吉田聡さん宛に吉田美智子さんから電話が入れば、最初に電話を受けた方は親族からの電話だと勘違いをするのではないでしょうか。

在籍確認の電話の仕方については、事前にカードローン会社の社員に相談することができますので、一工夫をしてみてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加