カードローンの複数社への同時申込について

カードローンの複数社への同時申込はあり?

このエントリーをはてなブックマークに追加

複数社に申込みをして一刻早くお金を借りたい、もしくは大きな金額のお金が必要なので複数社に申込みをしたい、とお考えの方もいらっしゃると思いますが、複数社への同時申込みは「申込みブラック」と呼ばれる状態になってしまうことがあり、そうなると結果的に融資を受けることができなくなってしまいます。

カードローンのブラックとは?


カードローンにおけるブラックとは、過去の滞納歴などの事故情報や借入総額などのデータが信用情報機関に登録されることで、新たな借入ができなくなってしまう状態のことです。カードローンの審査では、必ず申込者の信用情報を信用情報機関から確認をしますので、過去にひどい滞納歴などがあると、審査に通りにくくなってしまうのです。

ブラックとは、ブラックリストに登録されるこを言いますが、複数社に同時に申込みをすることでもリストに登録されてしまうことがあります。これがいわゆる「申込みブラック」と呼ばれる状態です。

なぜ申込みブラックになる?


過去の滞納歴や総借入額だけでなく、カードローン会社に申込みをした情報も信用情報機関には登録されます。複数社に同時申込みをすることで、申込みブラックにされてしまう理由は、その事実を知ったカードローン会社に「非常に切羽詰まっていてお金の返済ができない可能性がある」と判断されてしまうからです。

例えば、我々がカードローン会社の審査担当だったとして、申込者の信用情報を確認したら、同時期に3社も4社も申込みをしている状態なら、どのように思うでしょうか?きっと「何か特別な事情がある」、「融資をするのは危険」と判断をするはずです。

申込みは1社ずつ行いましょう


理由があって複数社に申込みをしたい方は、1社ずつ申込みをしましょう。まず、1社申込みをして、希望限度額まで融資枠が設定されなかった場合は、次の会社に申込むという感じで同時申込みと判断されてしまうような頻度で申込みを行わないことです。

過去の滞納歴などが原因でブラックになるのは仕方のないことだと思いますが、お金を借りてもいない状態でブラックにされてしまっては元も子もありません。カードローンの審査では、良い印象を与えた方が審査に通過しやすくなるということは、よく覚えておきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加