カードローンの他社借入がある場合の申込について

カードローンは他社借入があっても申込できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンは他社からの借入があっても申込はできます。ただし、申込をする金融機関によっては融資を受けられないケースもあります。

ここでは、消費者金融カードローンと銀行カードローンを利用する場合の注意点について解説をしていきたいと思います。

消費者金融カードローンには総量規制がある


消費者金融からお金を借りる場合は、貸金業法の総量規制の対象になるため、全ての貸金業者(消費者金融や信販会社)を合わせて、年収の3分の1を超える金額を借りることができません。

そのため、年収1,000万円の人が他の貸金業者から既に300万円の融資を受けている場合は、消費者金融のカードローンを利用することはできません。貸金業者から融資を受けた金額は、全て個人信用情報機関にデータが登録されます。

消費者金融は、申込みがあるとまず個人信用情報機関に申込み者の現在の借入額を確認して審査をしますので、偽りの申告をしてもすぐにバレてしまいます。尚、他社からの合計借入額が年収の3分の1に満たない場合は、年収の3分の1に値する金額までなら融資を受けられる可能性があります。

銀行カードローンなら上限金額の縛りがない


銀行カードローンは総量規制の対象外になります。銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の総量規制が適用されないからです。そのため、仮に貸金業者(消費者金融や信販会社)から年収の3分の1まで融資を受けている方でも、銀行カードローンなら融資を受けられる可能性があります。

ただ、消費者金融、銀行を問わずカードローンの審査では返済能力を見られますので、審査の結果、融資を受けられないケースもあります。一般的に正社員で年収が高く、勤続年数も長い方であれば、既に他社から結構な金額の融資を受けていたとしても審査にも通りやすく、より大きな額の融資を受けられると言われています。

ですが、審査基準は各銀行によって異なりますので、実際には申込みをしてみないと何とも言えないというのが実情です。総量規制の対象外の銀行カードローンと言えども、必ずしも年収の3分の1以上の金額を借りることができるわけではない、ということはよく理解をしておきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加