カードローンと総量規制の関係について

カードローンと総量規制の関係について

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを利用したいけど、総量規制の対象になるのか?と疑問に思われている方も多いでしょう。カードローンには、消費者金融カードローンと銀行カードローンの大きく分けて2つの種類があります。消費者金融カードローンは総量規制の対象になりますが、銀行カードローンは総量規制の対象にはなりません。

そもそも総量規制とは?


総量規制とは、借り過ぎによる多重債務や自己破産を減らすために、貸金業者からの借入総額は、全ての貸金業者を合わせて年収の3分の1を超えてはいけないという決まりです。総量規制は貸金業法の規定の一つのため、総量規制の対象になるのは、消費者金融や信販会社などの貸金業者のみになります。

冒頭で銀行カードローンは総量規制の対象外になると説明をしましたが、それは銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の規定の一つである総量規制が適用されないからです。つまり、銀行カードローンなら、年収の3分の1を超えた金額を借りられる可能性があるのです。

収入証明書の提出義務について


貸金業者から50万円を超えるお金を借りる場合、又は全ての貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合は、貸金業法の規定で収入証明書の提出が必要になります。つまり、消費者金融カードローンに借入希望額50万円以上で申込みをする場合は、源泉徴収票や給与明細などの収入が証明できる書類を必ず提出しなければいけないのです。収入証明書の提出ができないと審査に通過できません。

尚、銀行は貸金業者ではないため、貸金業法は適用されません。そのため、借入希望額が50万円を超えた場合でも、収入証明書を提出する義務はありませんが、どの銀行も借入希望額によっては、収入証明書の提出を求められます(借入希望額が100万円以上の場合に収入証明書の提出を求める銀行もあれば、借入希望額が300万円以下なら収入証明書の提出を求めない銀行もあります)。

消費者金融から借りられなくも銀行なら借りられるケースは多い


総量規制があるので、貸金業者である消費者金融からはお金を借りられない人は結構いますが(既に年収の3分の1まで貸金業者からお金を借りてしまったため)、そんな人でも銀行カードローンなら融資をしてもらえる可能性はあります。

もちろん、銀行カードローンの審査に通過できればの話ですが、比較的年収の高い人は返済能力があると判断され、年収の6割、7割程度の金額まで融資を受けられるケースが多いみたいです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加