カードローンのお試し審査について

カードローンのお試し審査とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローン各社はどこもWEB上で「お試し審査」と呼ばれるサービスを用意しています。このサービスは、カードローンに申込む前に審査に通過できるか否かを事前にある程度判別できるサービスですが、お試し審査はあくまでも仮審査になりますので、仮に”ご融資可能と思われます”と診断されても、確実に審査に通過できるとは限りません。

尚、お試し審査は、カードローン各社によってサービス名が異なる場合があります。「3秒診断」といサービス名にしている会社もあれば、「お借入診断」というサービス名にしている会社もあります。

まずはお試し審査を使ってみよう


どこのカードローン会社でも、お試し審査で入力をする項目は、「生年月日」、「年収」、「他社からの借入額」の3つになります。診断結果もすぐに表示されますので、まずはこのサービスを使ってみましょう。

尚、"ご入力いただいた情報だけではお借り入れ可否を判断できません"と表示された場合は、借入が難しいことの方が多いみたいです。お試し審査は、本審査よりもハードルが低く設定されていると思った方がよいでしょう。

お試し審査は申込みとは違う


カードローンのお試し審査を利用すると、申込みとして扱われてしまうのでは?と心配をされている方も多いのですが、お試し審査では個人情報の入力項目は一切ありませんし、申込みとして扱われることはありません。お試し審査を利用したからといって、カードローン会社から「お申し込みありがとうございます」と電話がかかってくることはありませんので、その点はご安心ください。

カードローンの申込みとは?


カードローンの申込みとは、氏名や住所、勤務先などの個人情報をWEB上の申込み画面で入力して、初めて申込みとして扱われます。また、申込みが完了すると、一度申込みをしたした本人にカードローン会社から本人確認の電話がかかってきます。

そこで、申込みの意思表示をして初めて申込みが受理されます。尚、申込み時に申告をした勤務先にいきなり在籍確認の電話をされるなんてことはありませんので、その点はご安心ください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加