カードローンの利用における注意点について

カードローンの利用における注意点とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの利用にはいくつか注意点があります。カードローンというサービスをよく理解していなかったがために、後で後悔をすることもあります。

これからカードローンを利用したいと思われている方は、以下の注意点をよく理解してから申し込みをしましょう。

金利が高い


カードローンの金利はハッキリ言って高いです。そのため、早く返済をしないとどんどん金利は膨らみ、返済の負担が増えてしまいます。

ただ、カードローンの金利は実質年率のため、返済残額に対して日割りで金利が発生するため、早く返済をすればするほど金利の負担は少なくて済みます。

借金をしているという感覚がなくなる


カードローンは、ATMにローンカードを挿入して、簡単な操作をするだけでお金を引き出すことができます。そのため、慣れてくると借金をしているという感覚がなくなってしまいます。ATMから引き出したお金は、自分の銀行口座から引き出したお金ではありません。借金をしているという認識をしっかりと持ちましょう。

滞納歴は事故情報として残る


カードローンから借りたお金の返済が遅れると、それは事故情報として個人信用情報機関に登録されてしまいます。そうなると、新たにカードローンを契約しにくくなったり、将来住宅ローンなどを組む場合に審査に通りにくくなってしまいます。借りたお金はしっかりと返済計画を立てて、滞納することなく返済をしましょう。

総量規制


カードローンは大きく分けて消費者金融カードローンと銀行カードローンの二つに大別されますが、前者は貸金業者のため総量規制の対象になります。具体的には、全ての消費者金融からの借入額は、合計で年収の3分の1までに制限されます。尚、銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の総量規制は適用されません。年収の3分の1を超える金額の融資を希望する場合は、銀行カードローンを利用しましょう。


以上、繰り返しになりますが、上記の注意的をよく理解した上で、カードローンに申し込みをしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加