カードローンの利用における影響について

カードローンの利用にはどんな影響がある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを利用すると、将来的になにか影響があるのでは?と心配されている方もいらっしゃると思いますが、カードローンというものをよく理解しておかないと、悪影響を及ばすこともあります。カードローンの利用が将来に及ばす影響について、詳しく解説をしましょう。

カードローンの滞納歴がある場合


カードローンを利用してもしっかりと返済をすれば問題ないのですが、滞納をしてしまうと、それが事故情報として信用情報機関に登録されてしまいます。そうなると、将来、銀行で住宅ローンやカーローンなどを組む際に審査で不利になります。

どの金融機関(銀行、消費者金融、信販会社)も貸付を行う際には、必ず事前に個人の信用情報を確認します。そのため、カードローンで借りたお金は滞納することなく、計画的に返済をしてきましょう。

カードローンを解約しないと


カードローンは、借りたお金を全額返済した後であれば解約ができます。これ以上、カードローンを利用しないのであれば、解約してしまった方がよいです。なぜなら、カードローンの契約が残っていると、住宅ローンの申し込みをした際に、他に融資枠があると判断され、審査で不利になってしまうからです。

例えば、カードローンの申し込みをして、200万円の融資を受けることができたとしましょう。200万円を完済した後でも、カードローンの契約が残っていると、それは200万円の融資枠があるのと同じなのです。「融資枠=借金」として扱われるため、住宅ローンの申し込み時にカードローンの契約が残っていると、既に借金があると判断され、審査で不利になってしまうのです。

カードローンの解約について


カードローンの解約方法は各社によって異なりますが、基本的には必要書類に署名捺印をして、提出をすれば解約はできます。具体的な解約方法については、実際に利用したカードローン会社に問い合わせをして確認しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加