カードローンの悪用について

カードローンが悪用されることもある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンに申込みをすると、ローンカードが発行されます。それを使って、ATMから利用限度額内で自由にお金の引き出しや返済ができますが、ローンカードが悪用されることはない、とは言い切れません。

なぜなら、ローンカードと暗証番号さえ知っていれば、誰でもATMから簡単にお金を引き出すことができるからです。

カードローンの利用は周りに秘密にしておこう


仲の良い友達だと、何かしらの悩みを打ち明けたくなる時もあると思います。中には、お金に困って、カードローンを利用していることを友達に話したことがある人もいると思いますが、第三者にカードローンを利用してることを話すのは、悪用されるリスクを高めるだけです。

実際問題として、クレジットカードを悪用されるケースは全国でもたくさんありますが、悪用する人は友人や親族などの身近な人達であるケースがほとんどなのです。

身近な人間だからこそ、油断してカードを盗まれる、また身近な人間だからこそ、暗証番号(誕生日など)を知っている可能性が高いのです。カードローンのローンカードもクレジットカードも、現物のカードと暗証番号さえ知っていれば、誰でも簡単に悪用することができてしまうのです。

暗証番号は誕生日以外にすべき


カードローンの悪用を防ぐ上で最も重要なのは、暗証番号を誕生日以外の番号に設定しておくことです。上記でも説明をしましたが、ローンカードを悪用されるとしたら、それは身近な人間に悪用される可能性が高いです。それを考えると、暗証番号を誕生日に設定しておくのは、自殺行為とも言えます。

ローンカードの暗証番号は、自分以外は誰も知らない番号にしましょう。覚えやすい番号にしたいなら、自分が好きな有名人の誕生日に設定しておくのもよいかもしれません。カード保持者の誕生日はすぐにバレてしまいますが、その人が好きな有名人の誕生日まで予測できる人はさすがにいないでしょう。暗証番号さえ誰にも知られなければ、仮にローンカードを盗まれても悪用される可能性は極めて0に近いと言えます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加